タイ古式マッサージ基礎・応用・総合認定コース 
 
 
タイ政府衛生省、教育省認定ITM認定+メディカルストレッチ+機能解剖学+ヨガ+リピーター獲得法+ハーバル療法+伝統医学ほか 
※当校だから学べる技術と知識を基礎から学ぶ!!

当校はタイ政府よりベストテクニカルスクールとして選ばれたITM(インターナショナルトレーニングマッサージ)の東京校である、オリエンタルセラピストスクールの姉妹校になります。

就職から独立開業まで徹底サポートします。  
 

    タイ古式マッサージとは?
 
タイ語でヌアットボーラーンと呼ばれるタイ古式マッサージは、約2,500年前(仏典によると陀仏と同じ時代)にインド人医師(医学の父)シヴァカ・クマールヴァッカによって創始されたと伝えられています。

タイマッサージには、センと呼ばれるエネルギーラインが7,200本あり(実践では10本のセン)その上を指圧や手圧、足や肘などで施術し、エネルギーの流れを整えます。

インドのアーユルベーダを起源に、中国医学の取り入れ、指圧やカイロプラクティックの基に立つタイ独自の伝統医学として確立した伝統療法です。

アクロバティックなイメージがありますが、タイ式で行うストレッチはハタヨーガや太極拳の要素が含まれており、受け手(クライアント)と行う手(自分)、双方がマッサージをしながら身体を伸ばし合う事が出来る為、「ダブルヨガ」とか、寝ながらヨガが受けられるイメージから「レイジーヨガ」とも呼ばれています。

タイ式は施術をしながら自分も健康になれるステキな伝統療法なのです。

 
取得可能な資格 

 

タイ政府教育省、衛生省認定ITMタイ古式マッサージの認定書。 
オリエンタルハーバルのディプロマ。 
タイ式ヨガ修了書(ケーススターディ必要)を授与。
プロとして就職、独立はもちろん、トレーナーや師範の道へも進めます
 
 
    タイ古式マッサージ基礎・応用・総合認定コース カリキュラム 
    座学

施術の姿勢 /オナモ(マントラと解釈) /ヌアボーラ-ンとは? /タイ単語(英語) /ルール ・ベネフィット /ナインW(学習ポイント) /ヌアボーラン6ポイント /タイ式の心得と禁忌事項 /ポジショニング /タイ国内の治療研究 /メソットofヌアボーラン /呼吸と筋肉 /自律神経 /身体の診断・解剖生理学   /身体の調整、骨盤と肩甲骨等の調整 /リピートをつかむセラピストのノウハウ他
 

    Level1 基礎課程(30時間)

基礎の講義は、身体に流れるエナジーラインとヨガの概念、前面の足裏、脚、腹部、腕、胸部、肩、顔、頭のタイ式マッサージ技術と伴う機能解剖学や座学を習得。

身体の物理的、心理的、精神的バランスが、マッサージを通じて様々な角度から明確化されていきます。

深いリラックスを得る脚のウォーミングアップを始め、止血や股関節の可動を広げるストレッチや骨盤調整、エネルギーを開く腹部マッサージ、肩の張りを和らげる腕や胸部を含め、前面の技術と効果的な施術を学び、習得後は約2時間の効果的な施術を行う事が可能。

    Level2 応用課程(30時間~)

応用の講義は、横向き、うつ伏せ、座位で背面の脚、臀部、腰、背中、肩、首、頭、顔の技術と伴う機能解剖学や座学を習得。

腰痛や肩こり、頭痛などの改善を促すストレッチやITM独自の技術を学び、習得後は2.5時間のマッサージを行う事が可能です。

*Level2終了後、総合認定試験では、1時間のオリジナルマッサージを制作します。

    研究課程(15時間~) *オリエンタルセラピストスクール中野校

・カウンセリングと薬事法を含む法律
・タイ式マッサージを研究する 
・エレメントや体質別アロマと病気と香りのメソッド
・センセラピー(エナジーラインと体調別施術)  

タイ伝統医学と4つのエレメントや体質と傾向 

タイ伝統医学はアーユルベーダや中医学とは別の見地から、万物を4つに分け身体が病気/健康になるプロセスや個人を火・風・水・地に分け、病気になりやすい時期や傾向、環境、性格や体質、食事法までも診断しいています。一見、占いのようですが、歴としたタイ伝統医学の傾向学で、体質診断に用います。その他タイ伝統医学の本質の講義等。

タイ伝統医学:薬草学とハーバルセラピー

蒸したハーブを使ってマッサージをするハーバルセラピーと湿布を作ります。アーユルベーダを起源にもつタイ伝統医学のハーブ療法です。


    タイ古式マッサージ基礎・応用・総合認定コースの概要

 

講習料金
入会金20,000円 (テキスト代込み) 
  Level1(基礎)145,000円
  Level2(応用)145,000円
  研究課程 100,000円

総合認定コースは、入会金(20,000円)+Level1/Level2(290,000円)+研究課程(100,000円)トータルで341,000円(▲69,000円)

 
※ご友人とお二人以上で受けられる場合は、さらに20,000円off
お支払
一括払いの場合、入会金20,000円off。
分割払い例:総合認定コースの場合 月々34,100円×10回ほか2回~10回まで手数料なしの月謝制、10回以上はご相談ください。
講習時間
最短84時間(休憩含) *習得後も1年間は受講が可能。その後、半永久的なサポートを行っています。
講習日
月曜日~日曜日 午後で相談に応じます。
ポイント
※講習期間中はヨガのクラスに月4回まで参加自由。
※タイの本校と同じ英語の教科書を使用し、日本語で丁寧に教えます。
開催地
スタジオパーム桜上水校 ・ 研究課程はオリエンタルセラピストスクール中野校
持ち物
身動きのしやすい服、ご自分のお茶、筆記用具をご持参ください。


    もっと詳しく

 
4つのエレメント?
4つのエレメントの中には、個人を火・水・風・地に分けて体質や傾向を診断する方法もあり。

例えば1974年1月31日生まれ女性の場合、エレメントは火です。

体型:よく食べるが太りにくい 肌:早い時からシワが出来るか、過度オイリー 髪:早い時期から白髪やハゲやすい
睡眠:そこそこ良い  
苦手な物:暑さ  気性:積極的・忍耐力が無い・ストレス過敏 以上を含め13項目と病気になりやすい時期や 食事などの傾向と対策について学習します。


タイマッサージは、ヨガ・リフレクソロジー・指圧・エクササイズ・瞑想・ヒーリングアートの6つの要素を持つ伝統医学療法で、世界で一番気持ち良いマッサージと言われていますが、元来は子供から親へ、家族の健康ケアに施されたマッサージです。


タイ古式マッサージの作用(マヒドン大学研究チームより)※治療ではありません。
リラックス、自律神経、ムクミ、冷え、肩こり、痩身、美肌、気管支炎、風邪、消化器系疾患、腹痛、膀胱炎、背部痛、腰部痛、鼻炎、関節痛、手足の痛み、しびれ、ストレス、高血圧、頭痛、足首の痛み、膝の痛み、胃痛、歯痛、疲れ目、泌尿器系疾患、耳の痛み、難聴、耳鳴り、三叉神経痛、便秘、下痢、生理不順など

タイ式セラピストとしてのお仕事 

タイマッサージは求人が多い?       
はい、本当です。
ストレス社会ともいいますか、リラクゼーションを求めるクライアントも年々増加しており、それに伴い普通のマッサージや整体では物足りない・・・等と言う声が増えているのは事実で、「ヨガ・指圧・リフレクソロジー・エクササイズ・歪みの調整etc」の組み合わせであるタイ式の人気は高まっています。

また同じサロンでもセラピスト同士が違うスタイルのタイ式技術を行っているのもクライアントに人気がある特徴と言えます。

またそれは、自分のタイ式スタイルを個々に行うためセラピストに、はっきりとした技術や知識の格差が出てしまっています。

そこで求人も技術が出来る人の募集が90%以上を締め、時給も1,000円~2,000円などの幅が出来たり指名制や歩合制を採用するサロンも多い業界です。

つまり、確かな技術と知識+αがあれば、ある程度ステップアップの出来る業界です!        

タイ古式マッサージITM本校留学  
                                  
タイ式マッサージ認定コースの生徒さんはインストラクターまでの講習が可能です。

英語レッスンですが、英語が苦手な方でも本校と同じ教科書で講習を受けていたので安心。
理解出来ない所は留学中にメールで質問。帰国後に出てくる疑問もすぐに対応できるから安心です。



なぜ本格的なのでしょう?
 
タイのITM本校で使われている、’黒本’を教材としてそのまま使用します。
   

本の中は英語ですが、日本語で丁寧にお教えします。
ITM本校に留学した際も通じる内容です。
 

ITMチョンコール校長先生ご家族と夕食(オリエンタルセラピストスクールにて)